ゾロフト 副作用

ジェイゾロフトは副作用が少ないのです

うつ病や、パニック障害といった病気は、目に見える傷と違って快方に向かっているのかわかりづらく、自分も周囲の人間も判断しづらいところがあります。

 

 

自覚症状があったり、周囲に症状を感じる人がいた場合はかかりつけのドクターに相談してみてください。

 

 

そうすれば、心療内科の診察が必要な状況かどうかを考えて相応しい医師を紹介してくれるでしょう。

 

 

そして、うつ病やパニック障害と認められると基本的には投薬治療が始まります。

 

 

この時処方される薬に最近多いのがジェイゾロフトという薬です。

 

 

従来の薬で良く出ていた副作用が、少ないというのがセールスポイントでもある、抗うつ剤です。

 

 

この薬は、従来の抗うつ剤で良くあった喉の渇きや便秘などの不快な症状が出ないのですが、飲み始めの二週間ほど吐き気をもよおすこともあります。

 

 

副作用が少ないとは言われていますが、個人差が生じるので、時にイライラしたり神経過敏になることもあるので、そんな症状が出た時には遠慮せずに医師に相談してみてください。

 

 

何らかの対策をしてくれます。

 

 

全体としてみてみると、長期間の維持療法に向いているとされている薬です。